2022年6月21日

社内SDGs推進チーム発足しました!

SDGsを社内で取り組み始めることに致しました。

皆様もご存じかと思いますが、SDGsとは、2015年9月の国連サミットで
採択された2016年から2030年までの国際目標です。

その中身を簡単に表すと、17の目標、その17の目標の中に169のターゲットが含まれています。

会社という組織の中で、包括的に取り組み、推進していくことは可能です。

そこで、私達アクセスH.Lもメンバー同士、それぞれ目標に着目し、意識し、行動を取り組むべく、
まずは社内推進チームを発足させました。

当社の企業理念である『仕事を通じて自己実現し
      人と人とのつながりを大切にし、
      最高に質の高いサービスを
      提供することで社会に貢献する 』

この理念に基づき、社内の業務を強化することで、
社会課題を解決する、SDGsの目標へ取り組んで参ります。

我々に持続可能なことはどんなものがあるのか、意見を出し合い、
続けていくことの重要性を共有します。

外部講師を迎え、勉強会を開催し、内部体制の強化を考えたり、
各事業所それぞれのアクションプランを立てていきます。
この勉強会も定期的に続けてまいります。

ブログ掲載者名:母倉

2020年4月7日

新型コロナウイルス感染拡大防止に向けた対応について

【通所系】

(関係者以外の立ち入りのお断り)

施設内に立ち入ることなく外での対応とさせて頂いています。

(職員の取り組み)

・各自出勤前に体温を計測し、発熱(37.5度以上)の症状が見られる場合には出勤を行わない。

なお、過去に発熱が認められた場合にあっては、解熱後24時間以上が経過し、咳などの呼吸器症状が改善傾向となるまでは同様の取扱いとしています。

・職員が感染源となる事の無いよう、マスクを常時着用しています。

(基本的な事項)

・定期的に換気を行っています。

・清掃を徹底し、共有物(テーブル・ドアノブ・手すり等)については必要に応じて消毒を行っています。

・職員、お客様ともに手洗い、アルコール消毒による手指消毒を徹底しています。

(送迎時等の対応等)

・送迎車に乗る前に、本人・家族又は職員が本人の体温を計測し、発熱が認められる場合には、利用を断る取扱いとします。

・送迎時には、窓を開ける等換気に留意すると共に、送迎後に利用者の接触頻度が高い場所(手すり等)の消毒を行っています。

 

【訪問系】

(職員の取組)

・感染症対策の再徹底

〇職員は、マスクの着用を含む咳エチケットや手洗い、アルコール消毒等により、感染

路を断つことが重要であり、「高齢者介護施設に於ける感染対策マニュアル改訂版」

等を参照の上、対策を徹底しています。

〇職員は、各自出勤前に体温を計測し、発熱等(37.5度以上)の症状が認められる場合には出勤を行わない。なお、過去に発熱が認められた場合にあっては、解熱後24時間以上が経過し、咳などの呼吸器症状が改善傾向となるまでは同様の取扱いとしています。

(基本的な事項)

〇サービスを提供する際は、その提供に先立ち、お客様本人・家族又は職員が本人の体温を計測し(可能な限りお願いします)、発熱(37.5度以上)が認められる場合には、サービス提供を一旦停止させて頂き、保健所とよく相談した上で、居宅介護支援事業所と連携し、サービスの必要性を再度検討の上、感染防止策を徹底させてサービスの提供を継続させて頂きます。

2019年10月24日

介護(福祉)職員等処遇改善加算の見える化について

・介護職員等特定処遇改善加算の所得状況は、介護(福祉)職員等処遇改善加算(Ⅰ) 特定加算(Ⅱ)を取得しております。

・賃金改善以外の処遇改善に関する具体的な取組は以下のようになっています。
①働きながら介護福祉士等の資格習得を目指す者に対する実務者研修受講支援やサービス提供責任者研修、中堅職員に対するマネジメント研修の受講(研修受講時の他の福祉・介護職員の負担を軽減するための代替職員確保を含む)
②研修の受講やキャリア段位制度と人事考課との連動
③子育てとの両立を目指す者のための育児休業制度の充実
④事故・トラブルへの対応マニュアル等の作成による責任の所在の明確化
⑤健康診断・こころの健康等の健康管理面の強化、職員休憩室・分煙スペース等の整備
⑥非正規職員から正規職員への転換
⑦職員の増員による業務負担の軽減

2019年7月23日

7月に行われた第10期決起会について

7月23日(火)に港区弁天町のアートホテルにて第10期決起会を行いました。

所長代理就任の挨拶として港ケアステーションの井畑所長代理の挨拶から始まり、企業理念、10の行動指針唱和を行いました。

次に、杉原社長から第9期の売上予算等に関する説明、今期の方針である『感謝の文化』についての説明がありました。

その後、ペアになり3分間で最近他のメンバーに感じた感謝をお互いに伝えるミニワークを行い、感謝の気持ちを言葉に出す実戦練習をしました。

重田事業部長と杉原社長から事例検討会の結果発表と次回課題の説明がありました。
ケアプランに沿って実施しているか?きちんとサイクルを回せているか?という選考基準を下に本社で選考を行った結果、最優秀賞は、ぽーといちおか 優秀賞は、とぽーとよどがわ となりました。

そして、料理を取りつつ、お楽しみのビンゴゲーム大会を行いました。
見事ビンゴを当てた社員は景品を受け取り、嬉しそうな表情を見せてくれました。
最後は集合写真を撮影し、解散となりました。

社員一同が日々絶えず最高に質の良いサービス提供を行い、社会貢献を行う。
今期も更なる成長を目指して取り組んでまいります。

2016年9月20日

第7期 決起会 & 懇親会

2016年8月30日

社内研修

毎日、厳しい残暑が続きますね。。。

やっと夏休みも終わり、ホッとしている三匹の子供のヤスです。

IMG_0747

港ケアステーションの近況を報告したいと思います!!

6月15日、社内研修を行いました。内容は、「パーソンセンタードケア」。1990年代前半に

トム・キッドウッド教授が提唱した概念です。

その内容とは、

認知症という病気ではなく「ひと」そのものに目を向け、一人ひとり異なる認知症の人が、

何を求めどのように感じているのか、その人を理解し、その人らしい暮らしを支えることが

大切だといわれています。

また、私たちケアに携わる立場の介護者が、疲れた身体で孤立し、余裕がなくなれば、

想像力を膨らませ、より良いケアの工夫ができなくなります。

研修を受けて、介護される人だけでなく、家族、介護者がいたわりや思いやりを持ち、

信頼関係を築けるように努力することが、大切だと思いました。

港ケアステーション ヤス

2016年8月5日

港ケアステーションの求人を医療介護求人サイト「ジョブメドレー」に掲載中!

港ケアステーションの求人を医療介護求人サイト「ジョブメドレー」に掲載中!

https://job-medley.com/facility/98233/

2016年8月5日

このはなケアステーション(仮称)の求人をジョブメドレーに掲載中!

このはなケアステーション(仮称)の求人をジョブメドレーに掲載中!!

https://job-medley.com/facility/98401/

 

2016年6月20日

食中毒

こんにちは。港ケアステーションの井畑です。蛙

梅雨の真っ最中、「蒸し暑い」「洗濯物が乾かない」「体調管理が難しい」「食中毒が心配」など、色々な悩みが増えますよね?

本日は「梅雨の時期に家庭でできる食中毒の予防法」と題して、お話させていただきます。

食中毒は一年を通して発生し、常に注意が必要です。
そして、『梅雨の時期は「細菌性食中毒」に要注意です!』

梅雨の時期は湿気が多く、空気中の水分が豊富なため、細菌が最も好む環境により増殖しやすくなるのです!

それでは、予防法を紹介したいと思います。

★新鮮な食材を使う
★適切な保存
★適切な解凍
★調理前には丁寧に手を洗う
★包丁やまな板にも注意!
★十分に加熱
★温かいものは温かいうち、冷たいものは冷たいうちに!
食品
私たち港ケアステーションは、上記の7つのポイントを心がけていきたいと思います。

2016年6月13日

ぽーとよどがわデイサービス「世界でたった一つ」

ぽーとよどがわデイサービスののむりんです。
 何が「世界でたった一つ」かと申し上げますと・・・5月に、母の日イベントでオリジナルマグカップ作りに挑戦致しました!
お客様に図柄を選んでいただき、絵を描いていただき、お客様にとって世界でたった一つのマグカップを作っていただきました。
皆様真剣そのものでした。
「わ~!失敗したらどうしよう?」
「何を書いたらいいの~」など、色々な声が飛び交っておりました。

 みんなでワイワイ言いながら、お一人おひとりが満足される出来映えに仕上がっていましたよ。
027
オリジナルマグカップ作り。皆様、真剣!!
124
小物作り。細かい作業です。最後に結ぶのが・・・!
131
手が・・・つりそうになりながらも完成!いい感じの出来ですね!
309
イベントのBBQです!「おいしい!」お褒めの言葉を頂きました!
181
毎月お楽しみの「フラワーアレンジメント」です。今月も皆様、綺麗にアレンジされていました。