サービスを通して
地域の皆さまに必要と
される質の高いサービスを。

ブログ

NEW BLOG

2020.04.07

新型コロナウイルス感染拡大防止に向けた対応について

【通所系】

(関係者以外の立ち入りのお断り)

施設内に立ち入ることなく外での対応とさせて頂いています。

(職員の取り組み)

・各自出勤前に体温を計測し、発熱(37.5度以上)の症状が見られる場合には出勤を行わない。

なお、過去に発熱が認められた場合にあっては、解熱後24時間以上が経過し、咳などの呼吸器症状が改善傾向となるまでは同様の取扱いとしています。

・職員が感染源となる事の無いよう、マスクを常時着用しています。

(基本的な事項)

・定期的に換気を行っています。

・清掃を徹底し、共有物(テーブル・ドアノブ・手すり等)については必要に応じて消毒を行っています。

・職員、お客様ともに手洗い、アルコール消毒による手指消毒を徹底しています。

(送迎時等の対応等)

・送迎車に乗る前に、本人・家族又は職員が本人の体温を計測し、発熱が認められる場合には、利用を断る取扱いとします。

・送迎時には、窓を開ける等換気に留意すると共に、送迎後に利用者の接触頻度が高い場所(手すり等)の消毒を行っています。

 

【訪問系】

(職員の取組)

・感染症対策の再徹底

〇職員は、マスクの着用を含む咳エチケットや手洗い、アルコール消毒等により、感染

路を断つことが重要であり、「高齢者介護施設に於ける感染対策マニュアル改訂版」

等を参照の上、対策を徹底しています。

〇職員は、各自出勤前に体温を計測し、発熱等(37.5度以上)の症状が認められる場合には出勤を行わない。なお、過去に発熱が認められた場合にあっては、解熱後24時間以上が経過し、咳などの呼吸器症状が改善傾向となるまでは同様の取扱いとしています。

(基本的な事項)

〇サービスを提供する際は、その提供に先立ち、お客様本人・家族又は職員が本人の体温を計測し(可能な限りお願いします)、発熱(37.5度以上)が認められる場合には、サービス提供を一旦停止させて頂き、保健所とよく相談した上で、居宅介護支援事業所と連携し、サービスの必要性を再度検討の上、感染防止策を徹底させてサービスの提供を継続させて頂きます。